誉田宮

| | コメント(0) | トラックバック(0)

アジサイを

           知るや誉田の

                            渡来人

 

誉田(こんだ)八幡宮は応神陵に隣接しています。応神天皇は誉田別尊(ほむたわけのみこと)という名前ですから、誉田宮(ほむたのみや)と称してもいいと思います。境内には、当宗(まさむね)神社も合祀されており、当宗忌寸(まさむねのいみき)の子孫に宇多天皇(在位887 897)の祖母がおります。当宗忌寸の祖神は王仁博士と同時期に楽浪郡から渡来した山陽公といわれています。そうした渡来人もその昔、アジサイを鑑賞したのでしょうか。

 

  wanihaiku-0013.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 誉田宮

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://korea-japan.info/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

アーカイブリスト

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 444net
  • 444net

このブログ記事について

このページは、KSYが2010年4月17日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大津神社」です。

次のブログ記事は「王仁聖堂跡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。