津堂城山古墳

| | コメント(0) | トラックバック(0)

墳飾る

       津堂の城山

                    花しょうぶ

 

津堂城山古墳は「津連の祖辰孫王等を祭る」といわれています。辰孫王は王仁博士のことですから、津氏の祖先を祭る廟堂があったのでしょう。古墳の頂にある津堂八幡神社の祭神は品陀和気命(=誉田別命、ほむたわけのみこと)、つまり応神天皇です。王仁博士と応神天皇が深い関係、もしくは同一人物の可能性を秘める古墳ではないでしょうか。その古墳を花しょうぶが色鮮やかに取り囲んでいました。

 

  wanihaiku-0014-1.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 津堂城山古墳

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://korea-japan.info/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする

アーカイブリスト

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 444net
  • 444net

このブログ記事について

このページは、KSYが2010年4月17日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「王仁聖堂跡」です。

次のブログ記事は「長瀬川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。