西琳寺

| | コメント(0) | トラックバック(0)

礎石にぞ

        渡来の薫風

                     西琳寺

 

かつては巨大な寺院だっといわれる西琳寺。その地一帯を支配したであろう王仁博士の子孫、西文氏(かわちのふみし)の氏寺としその栄華を誇ったのでしょう。その遺跡が、日本一大きな礎石で、百済式伽藍の礎石だといわれています。その思いを込めて詠んでみました。

 

 

wanihaiku-004.JPG 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 西琳寺

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://korea-japan.info/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

アーカイブリスト

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 444net
  • 444net

このブログ記事について

このページは、KSYが2010年4月17日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白鳥神社」です。

次のブログ記事は「辛国神社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。