善正寺

| | コメント(0) | トラックバック(0)

王仁の魂

  今は宅地に

      迷う秋


 津氏の氏寺であったという善正寺(ぜんしょうじ)は、天武・持統帝の白鳳時代に建てられましたが、平安初期に全焼し、以後、廃寺となったそうです。近鉄藤井寺駅でおり、左手に仲哀陵をみて、二〇分ほど歩くと野中寺に出ます。野中寺からさらに住宅街のバス道路を一〇分ほど登ると、羽曳山住宅前というバス停の交差点に出ます。その交差点を左に折れて、一〇メートルほど行くと、道路沿いに二枚の立て看板が目に入ります。一つは横長のアズキ色で、道路沿いの表には「寺山」の案内、歩道側の裏には「善正寺跡」の案内、もう一つは真四角の白色で屋根がついていて「埴生廃寺(善正寺)址」の案内がしてありました。

 「我らの祖である葛井・船・津の三氏の墓地は河内国丹比郡にある野中寺の南にあって寺山といい、子孫が代々守りつづけているが、最近、木こりが出入りして、木を伐採しているため、祖先の御霊がおちつけない状態である。どうか禁じてほしい」という上奏文が『続日本紀』に掲載されています。この上奏文を朝廷に出したのは、津氏の流れをくむ菅野真道で、延暦18年(799九)のことです。ということになれば、善正寺跡は、王仁一族の共同墓地ということになり、寺山と呼ばれていたことがわかります。その寺山の丘陵は、風水易による「吉(よ)き葬地」で、緑の墳丘が連なり、さぞかし壮麗であったろうと思われます。かつては埴生野と呼ばれていたその地も、宅地開発が急ピッチで進み、昔は木こりに荒らされた地は、今は宅建業者に荒らされ、王仁一族の霊は安寧の地もないということでしょうか。

wanihaiku-0030.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 善正寺

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://korea-japan.info/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

アーカイブリスト

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 444net
  • 444net

このブログ記事について

このページは、KSYが2010年4月18日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「隅田八幡宮」です。

次のブログ記事は「MBCテレビ局「王仁特番」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。