国分神社

| | コメント(0) | トラックバック(0)

国分の山

          王仁の子孫も

                          若葉愛づ

 

国分神社の祭神である飛鳥大神は「この地の文化開発者として功あるにより祀られる」とあります。王仁博士にふさわしい言葉だと思います。その国分神社は松岳山に抱かれ、江戸時代に発掘された松岳山古墳は、朝鮮式積石塚形式の前方後円墳です。また、近くの茶臼山からは船氏の墓誌も発掘されました。王仁一族の子孫が繁栄していた様子が窺われます。そうした王仁の子孫も、若葉を愛し、憩いのひと時を楽しんでいたのでしょうか。

 

  wanihaiku-009.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国分神社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://korea-japan.info/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

アーカイブリスト

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 444net
  • 444net

このブログ記事について

このページは、KSYが2010年4月17日 22:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野中寺」です。

次のブログ記事は「猪飼野」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。